アイキララを使って青クマ解消!すっきり明るい目元復活!

目元の青クマにギョッとしたらアイキララっていうけど本当?

ある日、鏡をみてギョッとした事ありませんか?
「目・・・目の下が真っ青!どうしちゃったの私?」
別に疲れている訳ではないし、仕事だってそんなに・・・・でも確かに昨日は飲み過ぎたか?
今までは一晩眠ればすっきりと明るい顔になっていたのに、今はプラス3歳くらいは老けて見えちゃう。
この青クマを解消する為に、あなたは日々、どんな努力をされていますか?
色の濃いファンデーションを塗る、コンシーラーでひたすら隠す、早く寝る(これはいいかも)
でもそれでも青クマが消えないという人はどうしたらいいのでしょうか?
そこで、青クマになやむあなたにぜひお勧めしたいのがアイショットクリームのアイキララです。

アイキララが他のアイクリームと違う所は、目元の悩みに外側からではなく、内側から解決していこうとした事です。
ファンデを塗るとかコンシーラーを使うなどはどれも表面的な青クマ隠しでしたね。
でも、そんな事をしても朝はいいけど、夕方にはすっかり「地」が出てしまいませんか?
青クマというのはなぜ出来るのかというと、一言でいうと「皮膚やせ」が原因なのです。
人は若い頃は、目元にたっぷりと潤いがあり、水分補給もされていましたから、いつも元気だったのです。
しかし、加齢と共に潤いの元であるコラーゲンが少なくなり、再生するのにも時間がかかります。
すると皮膚が痩せて、毛細血管が浮き上がってしまい、それが「青クマ」として表面に出てくるのです。
つまりこの青クマを解消しようと思ったら、目元の血流をよくして、コラーゲンをサポートするようなクリームを使う事が一番なのです。
目元を疲れさせない、マッサージやストレッチで血流を改善し、筋肉の衰えを防ぐ事も勿論大事ですが、ここでアイキララが大きな力を発揮するのです。
なぜならアイキララこそ、この「皮膚やせ」に注目し、内側から潤いを保つコラーゲンをサポートしていくものだからです。
アイキララの成分には最強MGAが配合されています。
これはミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸の事でビタミンC誘導体の一種なのですが、一言でいうとビタミンCの吸収力を高め、保つ作用があるものです。
ビタミンC自体はメラニン色素を軽減し、抗酸化作用に優れ、アンチエイジングにピッタリの成分ですが、そのまま肌に塗ってもなかなか浸透しません。
しかし、MGAを通す事でしっかりと吸収されるというわけです。
またMGAは化粧水や乳液との相性がよく、原料としてとても重宝しますし、このMGAのおかげで痩せて来た皮膚に内側から潤いを与えてくれるのです。

アイキララには他にもアボカド油が配合されており、それに含まれるビタミンAやB,C,D,E、蛋白質やカリウム、マグネシウムなどのミネラルにより、コレステロールを抑え、中性脂肪を低下させ、抗酸化作用によって肌をよみがえらせる事が出来ると言われています。
どんなにいい成分を肌に入れても、肌そのものが炎症を起こしたり紫外線に負けてしまっては意味がありませんが、アイキララに含まれるヒマワリ種子油にはこれらを解消してくれる力を持っています。
肌には元々エラスチンという成分があり、それが肌の弾力を保って来たのですが加齢と共に減ってしまいます。
アイキララに含まれているカニナバラ果実油はエラスチンを含んでいるので、肌のハリを取り戻す事に役立つというわけですね。

アイキララの実績は医学誌である「医学と薬学」に掲載されており、それだけ効果を実感できるという事ですね。
目元の悩みはあなただけのもものではありません。
だからもう悩まなくていいのです。
今日からアイキララを朝晩に使って、しっかり青クマを解消し、明るい目元を取り戻しましょう!!

⇒ 青クマに効果的なアイキララについて知りたい方はこちら

アイキララ(EYE KIRARA)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする