アイキララは茶クマにも有効ってホント?効果のワケは?

アイキララが茶クマが解消するの?そもそもどうしてできる?

いつの間にか出来てしまった、目の下の茶クマにお悩みの方はいませんか?
目元がくすんでいると、老けて見えますし鏡を見るたび憂鬱になりますよね。
そんな悩ましい茶クマに効くのがアイキララです。
他社の様々なアイクリームを使ってみても、一向に効果がなかったのに、アイキララを使いだしてから茶クマが改善してきた!と嬉しい報告がたくさん寄せられています。

どうしてアイキララは茶クマに効果的なのでしょうか。
まずは、茶クマがどうしてできてしまうのかを探り、その原因からアイキララが有効なワケをご紹介したいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、目元の皮膚はとっても繊細です。
他の顔の部分の皮膚と比べても、大変薄くてナイーブなので、紫外線や、目をこする際の摩擦など、刺激によるダメージを受けやすいんです。
これらの刺激を受けると、目元にシミやくすみといった色素沈着ができてしまいます。
これが茶クマです。

肌の内部にはメラノサイトと呼ばれる細胞が存在し、紫外線を浴びることでメラニン色素を作り出します。
健やかな肌であれば、ターンオーバーが正常に働き、古い角質が剥がれ落ちるのと共に、メラニン色素も失われていくのですが、ストレスや、紫外線を多く浴びすぎてしまうとターンオーバーに乱れが生じます。
そうすると、剥がれ落ちていくはずのメラニン色素が残存し、肌に溜まってしまうので色素が沈着してしまうんです。

その他にも、洗顔やクレンジング、メイクの時に強くこすったり、強すぎるマッサージによる摩擦といった刺激は、目元にとって大きな負担となり、色素の沈着が起きます。
恐ろしいことに、目の下だけでなく、まぶたも茶色く変色してしまう可能性もあるのです。

要するに、色素沈着が原因の茶クマのケアには、美白効果の配合された化粧品が有効です。
毎日使うことができる、ビタミンC誘導体が含まれた商品が良いとされています。
皮膚科で処方してもらえる、ハイドロキノンも色素沈着に効果があります。

先ほどご紹介したアイキララですが、バッチリとビタミンC誘導体MGAが配合されているんです!
毎日2回、いつものスキンケアの一環として取り入れてみてください。
使い方はとっても簡単。洗顔後、化粧水で整えたあとアイキララを目元にやさしくなじませるだけです。
日々の積み重ねが、効果の実感へと繋がりますよ。

しかもこのMGAは最新の研究で、病院で処方してもらわなければ使用できない、ハイドロキノン同様の美白効果があるということがわかったんです。

これで、いかにアイキララが茶クマ解消に有効かということが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

アイキララは、茶クマの原因である色素沈着に有効な、ビタミンC誘導体MGA配合です。
このMGAは、病院で処方してもらうハイドロキノンと同レベルの美白効果アリですよ。
これ以上、茶クマに有効なアイクリームがあるでしょうか?

お使いになれば、きっと効果を実感できるはずです。
まずは公式サイトから、詳細を確認してみてください!

⇒ アイキララ公式サイトにはこちらからどうぞ

アイキララ(EYE KIRARA)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする