アイキララの塗り方について知りたい!面倒じゃない?

アイキララは簡単に使える?【気になる塗り方のポイントまとめ】

目元の悩ましいシワやたるみ、クマといった症状に有効なアイキララですが、塗り方は簡単なのでしょうか。
お悩みは解消したいけれど、お手入れが面倒だと続けることは難しいですよね。
アイキララの塗り方について、気になるポイントをまとめてみました。
購入をお考えの方は、まずはこちらをご覧いただき、ぜひ参考にしてみてください。

●毎日使った方が良いですか?

ぜひ毎日使ってください。
1日2回こまめに使うことで、嬉しい効果を実感することができますよ。
アイキララは特別な日のケアではなく、毎日のお手入の1アイテムとして取り入れてほしい商品です。
日々コツコツ積み重ねたケアが、結果に繋がりますよ。

●どのタイミングで使用したら良いですか?

1日2回、朝・晩にお使いいただくことをオススメします。
洗顔後に、まずは化粧水で肌を整えた後、アイキララを使ってみてください。
先に潤いを与えた状態で塗ることで効果がアップします。

乳液や他のクリームは油分が多く、アイキララの成分の肌への浸透を防いでしまう可能性がありますので、最後に塗るようにしてください。

オールインワンタイプの化粧品も、油分量が多いケースがありますので注意が必要です。

塗り方としては、
化粧水→アイキララ→乳液やクリーム、もしくはオールインワンタイプの化粧品
といった流れです。

●たっぷり使用した方が良いですか?

1回に1プッシュで大丈夫です。
左右両方の目元に1プッシュ分を分けて使ってください。
伸びが良いテクスチャーのクリームですから、それで十分なのです。

たくさん使用しても大丈夫ですが、だからといって効果が上がるわけではありません。

●使用上の注意はありますか?

少しずつ塗るようにしてください。
アイキララの塗り方のコツは、クリームを手の甲に出し、力の入りすぎない薬指で目元にトントンとなじませます。
一気にたくさん塗ろうとすると、目の中に入ってしまう恐れがありますので注意してくださいね。

サラッと伸びが良いクリームですから、目のキワに使用すると、間違って目に入ってしまうことも考えられます。目の粘膜のあたりへの使用はやめてください。
まつげに塗るのも避けてください。

塗るときは優しくお願いします。
目元の皮膚は大変薄いため、強い刺激に敏感です。
強くこすってしまうと、色素沈着やたるみにつながってしまう恐れがあります。
アイキララの塗り方は、先ほどもご案内したように薬指で優しくなじませるだけで十分効果があります。

●目元をマッサージしながら使用しても良いですか?

目元の皮膚はデリケートですから、マッサージの刺激も強すぎる可能性があります。
良かれと思って行ったマッサージが色素沈着や、たるみを引き起こし、逆効果になってしまうことも考えられますので、やめた方が良いでしょう。

塗り方の注意点としては、強く刺激しないことや、目のキワには使用しないこと。
それ以外は、毎日のスキンケアの一環として化粧水の後に1ステップ加わるだけです。
とっても手軽に使える商品と言えますよね。
毎日使い続けることが、嬉しい効果につながりますよ。

⇒ 簡単お手入のアイキララは公式サイトから購入できます

アイキララ(EYE KIRARA)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする