茶色い目の下のクマを治す方法をお伝えします

目の下のクマで茶色いものの治し方を色々お伝えします

目の下のクマで茶色のものの治し方を知りたいかたへ向けて様々なケアの方法をお伝えしていきたいと思います。そもそも目の下のクマで茶色いクマの、茶クマの原因は何なのでしょうか。それはシミやくすみなどの色素沈着が主な原因だと言われています。角質肥厚などメラニン色素が関係しています。目をこするくせがあったり、メイクが落とし切れていない事が原因になっていることがあります。また逆にメイク落としの時に強くこすり過ぎて色素沈着を起こしている場合もあります。

茶色い目の下のクマの治し方、まずは自宅でできるケア方法を見て行きます。普段からできるケアとしては、ビタミンC誘導体の入ったコスメを使う方法が良いようです。またクリニックで処方してもらう外用薬を使うこともできます。ハイドロキノンクリームなどです。他には睡眠をしっかり取ること。血行を良くするために適度な運動をすること。バランスの良い食事を摂ること。目の周りを温めること。アイクリームを使って目の周りをマッサージすること。などを自分で行うことができます。目の周りをマッサージする時にやケアする時には、とにかく優しすぎるぐらい優しく触れてケアしてください。目元の皮膚はタマゴのうす皮程度しか無いそうです。ほんの少しの刺激がクマを悪化させてしまうことになります。

では、それでも改善できないような、深い部分にまで色素沈着が起こっている場合は美容外科や美容皮膚科でのケアが必要になることもあります。茶色い目の下のクマの治し方はどのような方法があるのでしょうか。

レーザー照射による解消法
患部にレーザー照射をして、色素沈着を壊す方法です。コラーゲンも増やし、お肌のターンオーバーも早めてくれるそうです。麻酔をしてからの施術なので痛みも少ないものです。

IPR光治療器での治療
真皮と表皮に働きかけます。表皮のターンオーバーを助けてくれます。

再生医療注入でクマを解消させる方法
お肌の自己再生力を上げて皮膚を若返らせるものですが、PRPと言われる多血小板血漿を注入します。ヒアルロン注射と同じ方法で行われます。

ケミカルピーリング
古い角質を取り除く特殊なお薬を使って茶クマの原因であるくすみを取る方法です。この方法は、乱れたお肌のターンオーバーを元に戻す効果もあるそうです。

最新の治療法では「ライムライト」や「スタック」という方法があるようです。ライムライトは日本人向けの光治療器でメラニン色素を排出させてターンオーバーを早めます。スタックは目の下を集中的に治療するものでメラニン色素の過剰な生成を抑えます。このように、日本人のお肌に合わせた治療器も使われるようになってきていますので、茶色い目の下のクマの治し方について、まずはクリニックでカウンセリングを受けてじっくりと相談してみましょう。

茶色い目の下のクマの治し方はこのように色々ありますので、是非自分に合った安心できる方法で改善して行きたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする