目の下の黒クマ改善のための食事には3つの栄養素が必須!

目の下の黒クマ改善におすすめの食事を紹介します

目の下のクマ、特に黒クマなんて他人事だった筈なのに、いつの間にか気が付いたら、あれ?
め・・目元がたるんでる?

どんなに美しい人でも歳をとるもので、避けられないのが老化現象。
その一つに目の下のクマで、それは色々な種類がありますが中でも黒クマは、加齢と共に眼窩脂肪を支えている筋肉が緩んでたるむので目の回りの脂肪が縮んでしまったり、皮膚がへこんだりして黒くなるのです。
茶クマや青クマならコンシーラーで隠す事が出来る場合もありますが、黒クマはなかなかそうはいかないのが悩みです。

このような目の下のクマを改善する方法としては、まずヒアルロン酸注入をしてへこみをなくすとか、脱脂手術などがありますが、初期段階で食事に気を付けてみるというのはいかがでしょうか?
たるみを無くすという事は、肌のハリを取り戻せばいいわけで、それには体内のコラーゲンを増やす事が大切です。
食事の中でコラーゲンを作り出すには3つの栄養素が必要で、それはビタミンC,鉄分、そして良質なたんぱく質です。

コラーゲンは人の体全体のたんぱく質量のうち、30%を占めるもので、細胞同士を繋げる土台のようなものですが、その繋いだ細胞の隙間をセラミドという水分が染みわたり、プルプルとハリのある肌を生み出しているのです。
コラーゲンはそれ自体では合成も分解も出来ないので、ビタミンCや鉄分を一緒に摂取する事が大事です。
ビタミンCはコラーゲンの分解と合成を促進、鉄分はコラーゲンの合成に必要不可欠なアミノ酸を作り出します。

例えば、大豆製品で良質なたんぱくを摂り、アセロラや海苔、パセリ、柑橘類などのビタミンC、海産物などに多く含まれている鉄を同時に摂取出来る食事のメニュー等考えてみましょう。

特にビタミンCは抗酸化作用に優れ、メラニン色素を排除してくれるので、シミやくすみに効果的で、さらに紫外線などの刺激からも肌を守ってくれます。
肌荒れを起こした時にはビタミンCといわれるように、肌のダメージを修正する能力もあります。
しかし、吸収されにくく輩出されやすい為、毎回の食事には積極的に取り入れるようにしましょう。
3つの栄養素をうまく使って肌の状態が改善されれば、もう黒クマにも悩まずにすみますね。

【食事に大豆、ポリフェノール、アミノ酸をプラスしてさらに黒クマ改善!】

目の下のクマ、時に黒クマを解消する為にはコラーゲン生成を助ける3つの栄養素が特に大事である事はおわかり頂けたかと思いますが、3つの栄養素だけで十分かといえばそうではありません。
何よりもそれだけではメニューの幅も狭くなりますし、食事が楽しくなくなりますよね。
かえってストレスをため込み、目の下のクマを悪化させてしまうかも?

そこで、毎日の食事にさらにプラスして改善していく為の栄養素を紹介します。

・大豆イソフラボンでプルプルお肌を取り戻す!

納豆や豆腐、きな粉などの大豆の加工品に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをします。
エストロゲンとは「女性らしさ」の基本をなすホルモンで、丸みを帯びた体つきを作ったり、妊娠や出産などの生殖能力を高めたりする、女性にとってはなくてはならないもの。
バストアップした体つきも、女性らしいしぐさも、ツヤツヤの髪も、プルプルの肌もみんなエストロゲンが豊富であればこそなのです。

・アミノ酸でコラーゲンを作る!
ハリのある肌を作るコラーゲン生成には良質なたんぱく質を必要ですが、そのたんぱく質を生み出しているのはアミノ酸なのです。
私達の体の20%はアミノ酸で出来ているのです。
沢山のアミノ酸がありますが、目の下のクマなどを改善する目的として重要視されているのがアスパラギン酸。
アスパラガス、大豆もやしやサトウキビに含まれるアスパラギン酸には肌の新陳代謝を促し、保湿効果がありますが、他にも疲労回復や利尿作用等があります。
それに牛乳や大豆に含まれるセリンや豚肉などに含まれているプロリンなども効果的です。

・ポリフェノールでたるみ改善!
赤ワイン、なす、玉ねぎなどに含まれているポリフェノールは抗酸化物質なので、血液をサラサラにする事で知られています。
血液がサラサラになれば新陳代謝がよくなり肌のターンオーバーも促されますから、アンチエイジングにか欠かせない成分といえますね。

いかがでしょう?これで日々の食事メニューの幅が広がりましたね。
毎日楽しく食べて、肌のハリを取り戻し、たるみによる黒クマを改善出来たら本当に嬉しいですよね。

しかし!目の下のクマ改善には摂取しすぎはいけないものだってあります。

・お酒の飲みすぎが目の下のクマ改善に適さないわけ
どうしてお酒を飲み過ぎてはいけないのか、それはアルコールを摂取するとコルチゾールというホルモンが分泌されるのですが、これを作る時にはビタミンCを使うのです。結果的に過剰なアルコール摂取によって体内のビタミンCが減少してしまい、コラーゲンの生成能力が低下するからです。

・脂肪の取り過ぎは老化現象を早めるので避けよう
脂肪そのものは体に必要なものですが、とりすぎると燃焼する事がなかなか出来ずコレステロールとして体内に蓄積します。
さらに体内の抗酸化物質も消費してしまうので、老化現象が早くなってしまうのです。

・トランス脂肪酸が体に悪いわけ
マーガリンやショートニングに含まれるトランス脂肪酸は液体油に水素を添加して人工的に加工したもの。
このトランス脂肪酸は体内の悪玉コレステロールを増やす為、健康の為には避けるべきでしょう。

・糖分の糖化は肌の弾力を奪う

糖分は体のエネルギーになるもので本来はよい栄養素ですが、摂りすぎるとその糖とたんぱく質が結合してしまう「糖化」と呼ばれる現象が起きます。
糖化するとコラーゲンが硬くなり、黒クマの原因であるたるみやシワになりやすくなります。

タンパク質、ビタミンC,鉄分を豊富に摂取してコラーゲン生成を促し、アミノ酸やポリフェノール類でアンチエイジング!
肌が若返れば目元も若くなります。
今日から実践しましょう。