目の下のクマを美容整形や美容皮膚科で治療すると金額はどれぐらい?

目の下のクマの治療費、美容整形や美容皮膚科での金額を知りたい

美容整形や美容皮膚科で目の下のクマの治し方を調べると、金額はどれぐらいかかるのでしょうか。目の下のクマの治し方や金額が気になりますよね。医療機関での目の下のクマの治療は確実に治す方法の1つですが、金額によってはためらいを感じる方もおられると思います。少しずつ見ていきましょう。

目元がくぼんでできるタイプのクマの場合はヒアルロン注射の治療を行います。くぼんでいる部分にヒアルロンを注射することで膨らみを出す施術です。少しずつ確認しながら施術をしてもらえることも安心できますね。この方法の場合の金額は

注射1本:76,000円から120,000円

目元の脂肪を溶解させることで目元のクマを改善する脂肪溶解注射の場合は

注射1回:30,000円から50,000円

目元のシミや色素沈着やくすみの場合はレーザー照射による治療があります。患部にレーザーを照射して消していく方法です。YAGレーザーピーリングという方法です。血行不良に効果のあるレーザーなので青クマの治療に使われます。

患部1cm×1cm:10,000円から40,000円

照射タイプの治療の場合、レーザーだけでなく他にもラジオ派を照射するものもあります。この場合は皮膚の深い部分まで温めて治療をすることができます。血行不良による青クマやたるみによる黒クマに効果があると言われています。種類はサーマクール、テノールなどがあります。

ショット数による:50,000円から150,000円

次はケミカルピーリングという施術です。特殊なお薬を使って古い角質を取り除く方法です。この方法を行うことでバランスを崩していたお肌のターンオーバーも改善されると言われています。

1回:10,000円から20,000円程度

そして医療機関から処方された薬を使って自宅でケアを行う方法です。

トレチノイン配合軟膏:色素沈着による茶クマに効果的。お肌のターンオーバーを早めます。

2.5g:3,000円ほど

ハイドロキノンクリーム:お肌の漂白剤と呼ばれるほどメラニン色素を作る細胞自体を減らす効果のあるお薬です。予防だけでなく、色素沈着してしまったクマにも効果があると言われています。

3ml:2,000円から5,000円

また自宅でピーリングができるものもあるようです。化粧水のように簡単に使えるものもあるようで、20mlで4,000円程度です。

このように、医療機関での目の下のクマの治し方は方法によって金額がかなり違ってくることがわかります。自分では判断しにくい部分も多くあると思いますので、まずはクリニックで相談するところから始めてみましょう。無料でカウンセリングをしてくれるクリニックもたくさんありますので、いくつかカウンセリングを受けて納得したところで行うのが1番です。

目の下のクマの治し方で金額をできるだけ最小限に抑えたいと思われるかたは、処方された外用薬を使う方法になると思いますが、それも時間がかかれば結局最終的には大きな金額になってしまうこともあるので、金額が気になっているということも、クリニックで伝えて相談すると良いでしょう。目の下のクマの治し方の金額は、いわばある程度個人で選べるものだと言えるかもしれません。気軽になんでも相談できて信頼できるクリニックを見付けることが1番の近道かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする